【2016年】電動スライドドアの軽自動車5車種を徹底比較

*

【2016年】電動スライドドアの軽自動車5車種を徹底比較


軽自動車スライドドア・ランキング2016

第1位

ホンダ・N BOX

燃費 2015
人気度
スライド
性能
スライド
開口幅
室内広さ
荷室広さ
操作性
安全性
残念 残念
25.6
km/L
1位 手動:両側
電動:両側
640mm
詳細 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細

ホンダ・N BOXのメリット・デメリットはこちら

N BOXの試乗体験レポートはこちら

第2位
新型タント
ダイハツ・タント

燃費 2015
人気度
スライド
性能
スライド
開口幅
室内広さ
荷室広さ
操作性
安全性
28.0
km/L
2位 手動:両側
電動:両側
運595mm
助605mm
残念
詳細 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細

新型タントのメリット・デメリットはこちら

新型タントカスタムの展示車レポートはこちら

第3位

スズキ・スペーシア

燃費 2015
人気度
スライド
性能
スライド
開口幅
室内広さ
荷室広さ
操作性
安全性
残念
32.0
km/L
4位 手動:両側
電動:両側
580mm
詳細 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細

スペーシアのメリット・デメリットはこちら

スペーシアの試乗体験レポートはこちら

第4位

ダイハツ・ウェイクの正面画像
ダイハツ・ウェイク

燃費 2015
人気度
スライド
性能
スライド
開口幅
室内広さ
荷室広さ
操作性
安全性
残念
25.4
km/L
5位 手動:両側
電動:両側
595mm
詳細 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細

新型ウェイクのメリット・デメリットはこちら

新型ウェイクG-SA(ターボ)の試乗体験レポートはこちら

※スライドドア軽自動車ランキングは、2016年3月更新の順位となります。
※スライドドア搭載の軽ワゴン車は除外したランキングになります。
1位:◎=5点、2位、3位:○=3点、4位:△=1点、5位:×=0点の順に評価されています。

家族
小さいお子さんの子育て真っ最中のママさん。幼稚園の送り迎えの車選びで悩んでいませんか?スライドドアは、駐車場での乗降りに隣の車にぶつける心配がないので子育てママの車に必須条件ですよ。
スライドドア搭載の軽自動車の気になる燃費や価格、室内や荷室の広さなど、視覚的に見やすい◎、○、△、×で分かりやすく評価してランキングを発表しています。
使い勝手・機能で探す
低燃費の車(いまどきリッター20キロは当たり前)
人気の車(販売台数が一番多いスライドドア軽自動車は?)
乗降りしやすい車(開口幅が広く、ステップの低い)
スライドドア開口幅が大きい軽
室内・荷室が広い軽(広い室内・広いトランク)
女性・初心者が運転しやすい車(小回りが利く・車高が低い)
小回りが利く軽(最小回転半径が小さい)
きびきび走る軽(馬力のあるスライドドア軽自動車)

2014年11月にダイハツ・ウェイクが登場し、順位が入れ替わりました。以前は、旧タントが片側スライドドアでしたが、現在は、新型タントも両側スライドドアになり、すべてのスライドドア搭載軽自動車が両側スライドドアになりました。それだけ両側スライドドアの使い勝手が良いということの表れではないでしょうか。

価格については、新型タントが若干安く設定されていますが、安全性能など、機能の違いがありますので実際に購入を検討する際は、電動スライドドアの有無だけにこだわらず、比較してみることをおすすめします。

室内の広く、走りに自信のあるN BOX、とにかく燃費がいいスペーシア、ピラーレスでミラクルオープンドアが特徴のタント、アラウンドビューモニターで上から丸見えで安心のデイズルークスなど、それぞれに優位なポイントがありますので、お気に入りの1台を見つけてください。

スライドドア軽自動車おすすめランキング2016

改めて、スライドドア軽自動車のおすすめランキングをご紹介します。各車種のメリット・デメリットについて詳しく解説しています。