新型スペーシアに試乗した口コミ評価①(内装・外装写真あり)カスタムは子育て向き!

更新日:

新型スペーシアの全体画像

発売されたばかりの新型スペーシアの試乗車を見てきたので口コミ評価を書きたいと思います。

新型スペーシアカスタムの運転レポはこちら

運転は新型スペーシアカスタムだったのでカスタムの写真が多めになっちゃいました。

実際にはスペーシアカスタムの方が人気なのと、子育てにはカスタムの方がおすすめなのでそのポイントなども写真を交えてご紹介します!

スペーシアとカスタムで印象はガラリと変わる

新型スペーシアカスタム

新型スペーシアカスタムの全体画像

新型スペーシアカスタムは、厳ついデザインで選べるカラーも濃い色が多く男性向けです。

新型スペーシアカスタムのインパネまわり

カスタムは内装も黒しか選べませんが、レザー調のシートで高級感があります。

新型スペーシア

新型スペーシアの全体画像

新型スペーシアは丸みをおびた優しいデザインで、選べるカラーもピンクや水色など女性向けです。

新型スペーシアのインパネまわり

グレードにもよりますが、内装は黒とベージュから選べます。

以前のスペーシアよりもかなりかわいさがアップしたので、若い女性にも人気が出そうです。

新型スペーシアの運転席は開放的

新型スペーシアカスタムの運転席

新型スペーシアのシートは運転席と助手席が繋がっているのは個人的に好みです。

サイドブレーキではなくフットブレーキ、シフトノブもナビの下についていてとてもスッキリとしています。

新型スペーシアカスタムの助手席側画像

助手席から運転席に移動も簡単に行えます。

ここまでスッキリしていると、普通車のコンパクトカーよりもよっぽど広いです。

運転した後に撮影をしたんですが、身長が150cmしかない私はかなりシートを前にしています。

シートのスライド量も大きいので身長に影響されず好みのポジションで運転できます。

シートの高さも調整できるんですが、私の様に身長が低いとシートが高すぎるとアクセルとブレーキとの距離が遠くなってしまうので高くしたかったのですがめいいっぱいは上げられませんでした。

平均的な身長の人であれば、シートも高くすることで視線が高くなってより運転しやすくなると思います。

スーツケースのようなデザイン

新型スペーシアカスタムのグローブボックス

助手席前のグローブボックスは、まるでスーツケースのようなデザインになっています。

新型スペーシアカスタムのグローブボックス

収納は1つ1つは大きくはありませんが、3ケ所ありドリンクホルダーもキレイに格納されています。

スライドドアの開口幅は60cmに大きくなりました

新型スペーシアカスタムのスライドドア

旧型スペーシアの時はスライドドア開口幅が58cmでしたが、新型になり60cmに広くなりました。

ライバル車のN-BOXの64cmには負けていますが、大きくなったのは嬉しいですね。

後部席の足元広々

新型スペーシアカスタムの後部座席

スライドドアの開口幅が大きくなったので乗り込みやすく後部座席も開放的です。

新型スペーシアカスタムのリクライニング

後部座席は少しですがリクライニングできます。

お子さんが眠っても前に倒れにくくなるので、安心して運転することができます。

後部座席のテーブルはカスタムのみ

新型スペーシアカスタムの後部座席にテーブル

新型スペーシアカスタムの後部座席で利用できるテーブルが付いているので飲み物を置くのに便利です。

新型スペーシアのテーブルは左右2つ

しかもテーブルは左右2つついていました。どちらに座っても使えていいですね。

マックに行った紙コップの飲み残しもここのドリンクホルダーに置けばこぼれないし、自分で取れるので渡す手間がいらないでお母さんにもありがたいです。

ちょっとしたテーブルですが、カスタムにしかついていないというのがとても残念です。

余談ですが、カスタムにしかつけられない装備で「サイドカーテンエアバック」というものがあります。

後部座席を守ってくれるエアバックで、お子さんがいるなら必ずつけたい装備ですがこちらもカスタムのみの装備で普通のスペーシアにはオプションでも付けられません(2018年1月現在)。

子育てに利用するなら見た目は男性向けですがカスタム一択です!

新型スペーシアの荷室

新型スペーシアカスタムの荷室

新型スペーシアカスタムの荷室は後部座席のシートをスライドすることで広くすることができます。

シートの後ろにある黒い紐をひっぱることでトランク側からもスライドさせたり、シートを倒したりすることができます。

新型スペーシアの荷室はそこそこフラットになる

新型スペーシアの荷室は段差少ない

旧型では大きな段差ができていましたが、新型スペーシアの荷室はほぼフラットにすることができました。

新型スペーシアカスタムの助手席を倒した状態

しかも助手席の座面を上げてから背もたれを倒すと助手席までほとんどフラットにすることができます。

使う事はほとんどないと思いますが、サーフボードなどを乗せることも可能になります。

新型スペーシアカスタムの座面の下収納

助手席の座面の下には収納が隠されていて、靴や大事なものを収納しておくのに良さそうです。

このあたりの機能は旧型の時からありましたが、他のライバル車にはない便利な装備ですね。

新型スペーシアカスタムの後部座席と助手席

フラットとは言えませんが、後部座席を起こした状態で助手席を倒すと後部座席に座って快適に足を延ばすことができます。

新型スペーシアカスタムの運転レポはこちら

\電話不要の中古車探し/

スライドドア軽自動車の試乗レポート

その他にも色々試乗に行っているので興味のある方はぜひ見てみてくださいね。

-スペーシア

Copyright© 軽自動車スライドドア6台比較 ~ママ向けの車選び【マムCar】~ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.