【低燃費No.1スライドドア軽】スペーシア30.0km/Lでダントツ|メリット・デメリット(欠点)

更新日:

新型スペーシアは低燃費No.1、驚異の30.0km/L!
旧型よりも可愛くなり安全性もアップ!

新型スペーシアの全体画像

燃費 人気 スライド
性能
スライド
開口幅
室内広さ
荷室広さ
操作性
安全性
30.0
km/L
3位 手動:両側
電動:両側
600mm
詳細 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細

NEW!! 【口コミ】新型スペーシアの試乗レポ

  • 低燃費No.1で30.0km/ℓという驚異の数値
  • 車高が5cm高くなって室内空間は広々
  • 軽初!後方の自動ブレーキで安全性高い
  • スライドドア開口幅が2cm広くなり60cmに!
  • スライドドアの予約ロック機能でストレスなし
  • スライドドアのステップが低いので乗り降りしやすい
  • スライドドアのドアノブに触れるだけで自動解錠&開閉
  • ロールサンシェードで眩しくない(タイプ別)
  • 後部座席を倒すとフラットにできる
  • 燃費32.0km/L⇒30.0km/Lに低下
  • ライバルよりは若干室内が狭い

2017年12月にフルモデルチェンジした新型スペーシアは、室内高が5cm高くなり室内が広くなりました。

燃費は32.0km/Lから30.0km/Lに減少してしまったのは残念ですが、相変わらずスライドドア軽自動車の中ではナンバー1の低燃費です。

新型スペーシアはグレードが『HYBRID X』と『HIBRID G』の2種類のみで付けたい装備から選びやすくなりました。

新型スペーシアの新車価格

新型スペーシアは本体価格127万円から購入することができます。ターボ車はカスタムにしか設定がないのでターボに乗りたい場合は最低でも163万円必要になります。ターボにするだけで36万円もの差が出るのは残念ですね。

新型スペーシアカスタムの全体画像

  • スペーシア・・・127万~
  • カスタム・・・151万~
  • 4WD・・・139万~
  • ターボ・・・163万~

新型スペーシアの燃費は、30.0km/L

燃費・とても良いスライドドアの軽自動車は、車高が高いので燃費が悪くなりやすいんですが、新型スペーシアはリッター30.0kmという驚異の数値でとっても低燃費です。旧型スペーシアは32.0km/Lだったので燃費は少し悪くなりました。

新型スペーシアカスタムのインパネまわり

  • スペーシア・・・燃費30.0km/L
  • カスタム・・・燃費28.2km/L
  • 4WD・・・燃費26.4km/L
  • ターボ・・・燃費25.6km/L

スペーシアはそこそこ人気

人気度・良い新型スペーシアは2017年12月に発売されたばかりなのでまだ販売台数は不明です。過去のスペーシアの販売台数は2017年48,406台で1位のN-BOXの半分程度の数値ですが、総合的には人気の高い車種と言えます。

新型スペーシアカスタムの運転席

スライドドア軽自動車・人気ランキング

  • 2017年・・・48,406台(1位94,601)
  • 2016年・・・40,764台(1位85,503)

スライドドアに予約ロック機能

スライドドアの乗降りしやすさ・良い

新型スペーシアには、以前にはなかった予約ロック機能がつきました。スライドドアを閉めている最中に施錠の予約ができるので、ドアが閉まるのを待つ必要がありません。

子育てに便利なロールサンシェードはタイプ別装備になっていますが便利なので付けたい場合は『HYBRID X』を選択しましょう。

  • 電動スライドドア・・・左側・両側
  • リモコン開閉(電動)
  • イージークローサー機能
  • 挟み込み防止機能
  • イージーオープナー
  • 予約ロック機能
  • ロールサンシェード
  • チャイルドロック機能

新型スペーシアの開口幅は60cmに広くなった

スペーシアは新型になり58cmだった開口幅が60cmに大きくなりました。軽自動車のスライドドアはどうしても開口幅が小さくなってします。少しでも開口幅が大きければお子さんを抱っこしながら乗せやすいので重要なポイントです。開口幅が一番大きいのはN-BOXの64cmです。

新型スペーシアカスタムのスライドドア

アシストグリップも付いているので、小さなお子さんはもちろん、高齢の方でも乗降りしやすく工夫されています。

  • スライドドア開口幅・・・60cm(1位は64cm)
  • リアステップの高さ・・・34.5cm(1位は34cm)

新型は更に広くなりました

新型スペーシアの室内の広さは(長さ×横幅×高さ)
2215×1320×1375mm⇒2155(+40)×1345(+25)×1410(+35)mm、に広くなりました。

後部座席のシートは前後に210mmスライドすることができ、足元も広く、背もたれも倒せる(リクライニングできる)ので大人でもゆったりと座ることができます。

新型スペーシアカスタムの後部座席

  • 室内の広さ(長さ×横幅×高さ)・・・2255×1345×1410mm

室内の広いスライドドア軽自動車ランキング

新型スペーシアの荷室はフラットにできる

後部座席使用時の荷室は狭いですが、後部座席を格納することで大きな荷物も沢山積むことができます。後部座席の格納は、座席側からもトランクルーム側からも両方可能で、ワンタッチで簡単に格納することができます。

後部座席使用時でもシートを210mm前にスライドできるので、荷室の奥行きは305mm⇒515mmまで拡大させることができます。

旧型では荷室に段差ができていましたが、新型スペーシアはフラットにすることが出来るようになりました。

新型スペーシアの荷室は段差少ない

  • 荷室の広さ(幅×高さ×奥行き)・・・855×1100×305[1410]mm

新型スペーシアは軽初の後方自動ブレーキ

新型スペーシアには軽自動車初の後ろ向き自動ブレーキが装備できるようになりました。最近は燃費よりも安全性を重視する人も多く安全性の高い軽自動車が人気です。前方の自動ブレーキはもちろんのこと、誤発進抑制機能やふらつき防止、車線逸脱警報がつけられるので安全性が高いです。

新型スペーシアは「サイドカーテンエアバック」の装備が可能ですが、装備できるのはカスタムのみです。

もう一つ軽初の機能でフロントガラスにカラーで制限速度(検知機能アリ)やナビ連動で案内表示などを映し出すことができる機能ができました。視線をナビ画面に移す必要がなくなるので

>>スペーシア安全装備の詳細はこちら(スズキHP)

新型スペーシアの全体画像

スズキ・スペーシア 17年12月発表

燃費: 30.0km/ℓ
新車価格相場: 127~158万円
スライドドア: 両側
電動スライドドア: なし・両側
スライドドア開口幅: 600mm

旧型スペーシアのメリット・デメリットはこちら

こちらのページもよく見られています。

-スペーシア

Copyright© 子育て・軽自動車スライドドア6台比較【マムcar】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.