スライドドア軽自動車 安全性能 比較 2019

2019年8月更新、子育てママなら絶対気になる軽自動車の安全性能を比較してみました。メーカーサイトに表記が無かったものは、(-)となっています。

最近の軽自動車は、車内の人の安全を確保するだけでなく、車に衝突した歩行者の安全も考えた装備なんですね。びっくりしました。

2019年最新 安全性能比較

フルモデルチェンジされるごとにどんどん安全性能が向上しています。

車種名ホンダ
N BOX
スズキ
スペーシア
ダイハツ
タント
日産
デイズルークス
ダイハツ
ウェイク
ダイハツ
ムーヴキャンバス
評価残念
SRSエアバッグ標準標準標準標準標準標準
サイドエアバッグタイプ別標準標準標準標準タイプ別
サイドカーテンエアバッグタイプ別タイプ別標準×××
衝突安全ボディ標準標準標準標準標準標準
頚部衝撃緩和フロントシート標準標準---
自動ブレーキ(前)標準標準タイプ別標準タイプ別タイプ別
自動ブレーキ(後)-タイプ別タイプ別---
誤発進抑制制御標準標準タイプ別標準タイプ別タイプ別
横滑り防止標準タイプ別標準標準標準標準
坂道発進アシスト標準標準標準標準-標準
急ブレーキ警告ランプ標準標準標準標準標準標準
オートライト標準標準標準タイプ別タイプ別標準
得点51点54点49点43点34点39点
中古車検索中古車検索中古車検索中古車検索中古車検索中古車検索中古車検索

※順番は、左から発売された順に並んでいます。2019年8月新型タントの情報を更新しました。

安全性能ランキング2019

今までタイプ別装備ばかりだったサイドエアバッグ、サイドカーテンエアバッグも新型タントでは全車標準装備になりました。
自動ブレーキや横滑り防止機能などの機能も当たり前のように装備される日が来るといいですね。

  • SRSエアバッグ・・・衝突等の衝撃を感知したときに、風船のようなものを膨らませて衝撃を緩和(運転席・助手席)
  • サイドエアバッグ・・・前席の左右に取り付けられたエアバッグ
  • サイドカーテンエアバッグ・・・前席から後席にわたって左右の窓を覆うように膨らむエアバッグ
  • 追突被害軽減自動ブレーキ・・・追突しそうな時に自動でブレーキを踏んで被害を軽減してくれる機能
  • 誤発進抑制制御・・・駐車時にブレーキとアクセルを踏み間違えた時に誤発進しないように抑制する機能
  • 坂道発進アシスト・・・坂道で停止し、スタートするときにブレーキを離しても数秒間後退を抑制する機能
  • 急ブレーキ警告ランプ・・・急ブレーキを踏んだ時に後続車にランプを点滅させてお知らせする機能

どの車種も安全性能は非常に高く、軽自動車でも安全性が高いことがわかります。事故を起こさないことが第一ですが、大事なお子さんを乗せる車なので安全性能は車選びの重要なポイントだと言えます。

その他安全性能の特記事項

ダイハツ・タント⇒平成19年助手席衝突安全性能総合評価★6。

ホンダ・N-BOX⇒平成24年新・安全性能総合評価★4。

スライドドア軽自動車おすすめランキング2019

N-BOXとスペーシアはフルモデルチェンジで新型になりました。順位もスペーシアが2位にランクアップしました。

更新日:

Copyright© 子育て軽自動車スライドドア6台比較【マムcar】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.