ホンダ・新型N BOXはスライドドア開口幅No.1の軽自動車!メリット・デメリット(欠点)

*

ホンダ・新型N BOXはスライドドア開口幅No.1の軽自動車!メリット・デメリット(欠点)


スライドドア軽自動車・人気ナンバーワン!
8/31新型N-BOX発売開始!燃費最大27.0km/L

N-BOXの全体画像

↓現在新型N-BOXの情報を更新中です。新型N-BOXはHonda SENSINGが標準装備になり安全性が高くなりました。

>>新型N-BOX情報!2017年8月31日発売決定

第1位
N-BOXの全体画像
ホンダ・N BOX

燃費 人気度 スライド
性能
スライド
開口幅
室内広さ
荷室広さ
操作性
安全性
残念 残念
27.0
km/L
1位 手動:両側
電動:両側
640mm
詳細 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細

N BOXの試乗体験レポート

N BOXの口コミ体験レビュー

good2
手を使わずにスライドドアを開閉可能に!
自動ブレーキが標準装備
助手席を57cm大きくスライドできる!
スライドドアの開口幅が第1位の64cmで乗り降りラクラク
軽自動車最大級の室内空間が人気の秘密
後部座席は大人でもゆったりと足が組める
後部座席の室内高は140cmで子どもが立ったまま着替えられる
荷室は、ママチャリが楽に積み込める(3人乗車可能)ほど広く、地上からトランク入口までの高さが48cmと低く乗せやすい
後方視覚支援ミラーで車と壁との間隔を鏡を見て確認できる
後部座席のシートは、簡単に跳ねあげられるので後部座席に140cmの大きな空間が確保できる
bad2
他の軽自動車に比べて燃費が若干悪い
デザインが四角くて男性向き?

N BOXの人気グレード、人気色は?

N BOXの人気グレードは、G・Lパッケージがダントツ75%
N BOXカスタムの人気グレードもG・Lパッケージ70%

bad2
N BOX・・・白(パール)系30%、黒系19%、メタリック系21%
N BOXカスタム・・・黒系36%、白(パール)系21%、プレミアムゴールド17%
黒系、白系が大半を占めていて人気のカラーでした。
※別冊モーターファン「軽自動車のすべて2013年」参照
ホンダ・N BOX 17年9月発表
燃費: 27.0km/ℓ
新車価格相場: 126~166万円
スライドドア: 両側
電動スライドドア: なし・左側・両側
スライドドア開口幅: 640mm
中古価格をチェック⇒N BOX(ホンダ)(ガリバー)

N BOXの価格相場(4WD除く)

スライドドアのみ 126~145万円 4位
左電動スライドドア 136~155万円 5位
両側電動スライドドア 146~166万円 1位

N BOXの燃費は、27.0km/Lで第4位

燃費・残念NBOXの燃費は、2017年9月のフルモデルチェンジで27.0km/Lに向上されました。N BOXは、ほかの車種に比べて馬力が大きいのですがその分燃費が悪いようです。
NBOXは、燃費が多少悪くても快適な走りを重視したい方におすすめです。
>>低燃費ランキングをチェック

N BOXは、2015、2016年販売台数第1位

新型N-BOXは発売されたばかりなので情報がありませんが、旧型N BOXは2015年、2016年の販売台数ランキング第1位でした。販売台数は、ダイハツ・タントといつも接戦で、2014年は一度タントに抜かされて第2位でした。2016年3月から2017年7月現在も販売台数1位を継続しています。
>>最新の販売台数をチェック

2016年度 192,368台 1位
2015年度 172,614台 1位

N BOXは、両側パワースライドドアがおすすめ

両側がパワースライドドアのおすすめ軽自動車は、N BOXとルークスのみなので両側の電動スライドドアが選べるのはとてもうれしいです。もちろんパワースライドドアはリモコンで開閉できるので、お子さんを抱っこしながらドアを開けられるのでとっても便利ですよ。

CMでもやっていますが両側スライドドアの標準装備車が発売されますね。両側スライドドアはやっぱり便利なのでおすすめですよ。
新車がどんどん登場し、ワンタッチ開閉機能(ボタンを押すだけでスライドドアが開閉)や、ロールサンシェードが付いていないのが残念な点となります。(タイプ別で装備できるようになりました。)
>>スライドドア性能の比較一覧をチェック

スライドドア 両側
電動スライドドア なし/左側/両側
イージークローサー機能 なし/両側
挟み込み防止機構 なし/左側/両側
リモコン開閉(電動) あり
ワンタッチ開閉 ×
ロールサンシェード タイプ別装備

N BOXの開口幅は64cmの第1位

スライドドアの開口幅は64cmと第1位でとても広いのでお子さんの乗降りや、抱っこしながらチャイルドシートに乗せたりの動作がとってもスムーズにできるはずです。リアステップの高さが38cmで第4位と少し高めなのが残念なところです。
>>スライドドア開口幅の比較一覧をチェック

スライドドア開口幅 64cm 1位
リアステップの高さ 38cm 4位

N BOXはとにかく広々空間

室内・荷室がとにかく広いN BOXは、センタータンクレイアウトを採用することで、室内空間は軽自動車最大級となっています。後部座席は、スライドできないものの、大人でもゆったりと足を組めるほど広々としています。センタータンクレイアウトのおかげで足元の室内高は140cmも確保できました。後部座席のシートは簡単に跳ねあげられるので、お子さんが1人なら片側はチャイルドシート、片側はシートをあげてベビーカーを乗せると使い勝手がよさそうです。
>>N BOXの室内を確認してみる(試乗体験レポート)

室内(長さ×幅×高さ) 2180 × 1350 × 1400mm 2位
荷室(幅×高さ×奥行き) 1055×1200×415(~最大1620)mm 1位

新型N BOXは自動ブレーキが標準装備

操作性・安全性○新型N BOXはHonda SENSINGが標準装備で、どのグレードを選択しても自動ブレーキで安全性が高いです。また誤発進抑制機能も付いていて、前進時も後退時も踏み間違いを防止してくれます。

N BOXは、ダッシュボードの奥行きが短く、運転席も高めなのでとても見晴らしがよく、運転しやすそうです。

>>安全装備の比較一覧をチェック

SRSエアバッグ 標準装備
サイドエアバッグ タイプ別
サイドカーテンエアバッグ タイプ別
衝突安全ボディ 標準装備
頚部衝撃緩和フロントシート 標準装備
歩行者頭部保護基準適合 標準装備
自動ブレーキ 標準装備
誤発進抑制制御 標準装備
ヒルスタートアシスト 標準装備
エマージェンシーストップシグナル 標準装備
オートライト 標準装備
ホンダ・N BOX 11年11月発表
燃費: 24.2km/ℓ
新車価格相場: 126~166万円
スライドドア: 両側
電動スライドドア: なし・左側・両側
スライドドア開口幅: 640mm

中古車販売実績No.1のガリバーで中古車を探すことができます。
7年未満の中古車は、10年保証がセットになりました。

ホンダ・新型N BOXはスライドドア開口幅No.1の軽自動車!メリット・デメリット(欠点)関連ページ

ダイハツ新型「ムーヴキャンバス」燃費28.6km/Lのスライドドア!価格118万~、ターボ・カスタムなし。
かわいいムーヴキャンバスが新登場! 小・中学生のお母さんにおすすめ! >>ムーヴキャンバスの試乗レビュー(写真 […]
ダイハツ「新型ウェイク」燃費25.4km/L、価格135万~!メリット・デメリット(欠点)
車中泊も可能なウェイクが広い! タントよりも8.5cmも背が高い!どデカイ軽自動車が誕生 第6位 ダイハツ・ウ […]
日産「デイズルークス」燃費最大22.2km/L!メリット・デメリット(欠点)
自動ブレーキ、踏み間違い防止機能が全車標準装備! アラウンドビューモニターで上から丸見え、駐車ラクラク♪ 日産 […]
三菱・旧型eKワゴンのメリット・デメリット(欠点)燃費21.2km/L
三菱・eKワゴンは低価格&コンパクト! でも室内スペースが小さいのが・・・。 第5位 三菱・eKワゴン 中古車 […]
日産・旧型ルークスのメリット・デメリット(欠点)燃費22.2km/L
日産・ルークスは、嬉しい両側パワースライドドアが選べる! でも燃費が22.2km/Lと悪いので減税率50%? […]
ダイハツ・新型タントの燃費は28km/L!メリット・デメリット(欠点)
ミラクルオープンドア&両側スライドドアでパワーアップ 自動ブレーキ&誤発進抑制制御で安全面も向上 ダイハツ・タ […]
【低燃費No.1スライドドア軽】スペーシア32.0km/Lでダントツ|メリット・デメリット(欠点)
スズキ・スペーシアは低燃費No.1、驚異の32.0km/L! デザインはパレットからあまり変化なし? スズキ・ […]