スライドドア軽自動車関連ニュース

2013年、新型タントのモデルチェンジは9月18日発表、10月3日発売?

更新日:

+++(2013年10月13日追記)+++

新型タントカスタムの展示車を見てきました。たくさん写真を撮影してきたので興味のある方は見てみてくださいね。

新型タントカスタムの顔 新型タントロゴ

新型タントカスタムの展示車レポートはこちら

+++(2013年9月18日追記)+++

ついに新型タントが発表されましたね。

タントも助手席側だけのスライドドア⇒両側スライドドアになりました。ピラーレスの「ミラクルオープンドア」が廃止になると噂でしたが、どうやら助手席側の「ミラクルオープンドア」は存続しているみたいです。これでほ他の競合車種との差別化に成功していますね。

前の車との衝突を回避する「スマートアシスト」も搭載されるそうです。燃費についての詳細はまだありませんでした。

ダイハツのHPで詳細が確認できますよ(CMも見れます)⇒http://www.car-more.jp/

++++++++++++++++++++++

新型タントのフルモデルチェンジのCM発表は9月中旬9月18日、発売は10月3日と噂されていますです。今回のフルモデルチェンジで新型タントは3代目になります。

ピラーレスの廃止⇒両側スライドドアへ

噂によるとタントの特徴であるピラーレスによるミラクルオープンドアの廃止⇒両側スライドドアになるみたいです。

当初は、両側のスライドドアがピラーレスになるのでは?と言われていましたが、ピラーレスの構造は車体の重量が重くなってしまうので燃費向上のために廃止されるんだとか。結局、助手席側のピラーレスは存続されました。

ピラーレスを廃止することで約50kg車体の重量が軽くなるそうです。

↓2代目タント・カスタム

タントカスタムRS
画像元:DY5W-sport

タントの2代目から採用されたピラーレス。燃費向上のためとはいえ、タントの特徴であるピラーレス廃止は残念ですね。なんだかライバル車のホンダ「N BOX」やスズキ「スペーシア」も両側スライドドアなのでタントがピラーレス廃止で両側スライドドアだとすると、ほとんど違いが見つけられなくなってしまいますね。

燃費の向上に期待?

新型タントは、2013年のフルモデルチェンジで両側スライドドアだけでなく、燃費向上が期待されています。

燃費はライバル車のスペーシアの29km/Lを上回ることができるのでしょうか。新型タントの燃費は30km/L以上が期待されていましたが、どうやら28km/Lに留まる模様。ライバル車のスペーシアに及ばず残念な結果になりそうです。ですが、現在発売中のタントの燃費が25km/Lなので3kmも向上したことになりますね。(2013/9/16追記)

両側スライドドア軽自動車の中では、室内の広さNo.1のN BOX、燃費No.1のスペーシアタントは何でNo.1になるのでしょうか。今から新型タントの登場が楽しみです。当サイトでのスライドドア軽自動車のランキングも入れ替わる可能性大です。

タントのメリット・デメリット(欠点)

【口コミ・評判】タントの展示車レビュー

【口コミ・評判】タント(GスマートセレクションSAⅡ)利用者の声

-スライドドア軽自動車関連ニュース

Copyright© 軽自動車スライドドア比較【マムCar】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.