試乗体験レポート

ダイハツ「ムーヴキャンバス」に試乗した口コミ評価(外観・内装の写真あり)

更新日:

2016年9月発売のダイハツ「ムーヴキャンバス」の試乗に行ってきました。まずはツートンカラーで可愛い展示車をご紹介します。

ムーヴキャンバスの水色ツートンカラー(メイクアップグレード)

ダイハツ「ムーヴキャンバス」を運転した口コミ・評判はこちら

ヘッドライトやフォグランプ、全体的なフォルムも丸みを帯びていて可愛い!女性向き!と言うのが前面に押し出されています。私もこんなかわいい車乗ってみたいです。

何となく、同じダイハツのミラココアとデザインが似ている気がします。エンブレムが丸いところも似ています。若い女性はもちろん、子連れで相談に来らる方も多いそうです。

ムーヴキャンバスのピンク色

こちらはピンク系のツートンカラーの外観です。水色はマットなのにピンク系は『ライトローズマイカメタリクⅡ』と書かれているのでマットではなくキラキラ輝いて、水色とはまた違った雰囲気です。

ムーヴキャンバス・ピンク(フォグランプなしの標準グレード)

こちらが試乗車ですが、ツートンカラーではない基本グレードになります。

フォグランプが付いていなかったり、メッキ加飾がされておらず、とってもシンプルです。基本グレードでも、もちろんツートンカラーを選択することは可能ですが、内装のアクセントカラーを選ぶには、メイクアップグレードを選択する必要があります。

ホイールキャップもグレードやオプションで色々選択できるようですがちょっとややこしいですね。

メイクアップグレードには5万円程度の追加で変更可能なので見た目重視の方は、メイクアップグレードがおすすめです。

ムーヴキャンバスの後方画像

テールランプも丸くて可愛いですね。

ムーヴキャンバスの内装

ムーヴキャンバスの内装「メイクアップグレード」

こちらは、メイクアップグレードのムーヴキャンバスで、内装は、アクセントカラーが使用されていて、水色系の外観を選択するとファインミント、ピンク系を選択するとミスとピンク、そのほかの色を選択するとマイルドモカのアクセントカラーになります。

インパネ周りに、水色のアクセントカラーが使用されています。ベージュとミントカラーでとってもかわいく仕上がっています。

ムーヴキャンバスのドア

ドアの取っ手部分にもミントカラーが使用されています。こちらはツルっとした触り心地で今までの車っぽくない触り心地でした。

ムーヴキャンバスの内装(標準グレード)

標準グレードはこの様にシンプルなので、アクセントカラーでがらっと雰囲気が変わりますね。ドアハンドルの部分も違いますね。

内装カラーは基本ベージュで明るいイメージ

ムーヴキャンバスの運転席

運転席まわりの画像です。ムーヴキャンバスは、アクセントカラーが3種類ありますが、基本的には明るいベージュで統一されています。

ベージュはホコリの汚れが目立たないので個人的に好きな色です。黒の内装は、『ブラックインテリアパック』をメーカーオプションで選択することが可能です。

インパネ周りのデザインも、外観同様丸みを帯びていて女性らしいデザインになっています。外観・内装ともに若い女性に人気だというのも頷けます。

写真を撮り損ねたんですが、運転席にはシートカバーが装着されています。アクセントカラーに合わせたデザインでオプションで付けることが可能です。

少ししか見えていませんが水色のストライプが可愛いですね。

買うなら絶対電動スライドドアがおすすめ

ムーヴキャンバスの予約施錠

展示車のスライドドアは手動タイプだったんですが、イージークローサー機能も付いておらず、ゆっくり閉めると半ドアになってしまいます。またしっかり閉めたつもりでしたが浮いていたのでキチンと閉めるのが難しかったです。

電動スライドドアは、予約ロックが可能で、今までならドアが完全に閉まったのを確認してから施錠をしていましたが、新しいムーヴキャンバスなら、スライドドアを閉めながらロックの予約が可能なので雨の日や、素早く車から離れたい時に便利です。

2列目シートは240mmスライド可能

ムーヴキャンバスの後部座席(標準グレード)

2列目シートは、後ろに240mmスライドさせることが可能です。シートは2つに分かれているので使う人に合わせて移動可能です。シートはしっかりとしている印象で運転席や助手席よりは劣りますが疲れにくそうでした。

ムーヴキャンバスの後部座席(メイクアップグレード)

メイクアップグレードの方がシートも高級感がありますね。2列目シートの下には、左右両方に引き出せる収納ボックスがあり、直接床に置きたくない、買物をした荷物などを置けるようになっています。

高さがないので収納力はあまりありませんが、ブランケットを入れておくことも可能です。

運転席からバックをシートの上に置くのは遠くて困難でしたが、収納ボックスを引き出しておけば、いつでも簡単に鞄を乗せ降ろしできます。

ムーヴよりも室内広々

ムーヴキャンバスの車内

ムーヴからの派生車種ですが、スライドドア搭載軽自動車なのでムーヴよりも全高が高く、室内も広くてゆったりとしています。参考までに、ムーヴの室内が長さ2,080×幅1,320×高さ1,280mmなのに対し、ムーヴキャンバスの室内は、長さ2,115×幅1,345×高さ1,285mmと全てムーヴよりも大きいです。

荷室は若干狭い印象

ムーヴキャンバスのトランク

バックドアは軽くて、開け閉めが楽でした。でも身長150cmの私は手を目いっぱい上げないと閉められないのがちょっと辛かったです。

沢山荷物を載せたい時は後ろのレバーで2列目シートを倒すことが出来ます。

ムーヴキャンバスのシートアレンジ

段差と傾斜ができてしまうのが残念ですが、工夫して使えば沢山荷物が載せられそうです。

ちなみにタントは、フラットにできるので自転車を載せたりと使い勝手が良さそうです。ウェイクもかなり広いです。

タントの荷室(タントの荷室)

ウェイクのシートアレンジ(ウェイクの荷室)

ムーヴキャンバスは、タントやウェイクと比較すると室内も狭く、荷室の使い勝手も考えると子育て家族には、少し不向きな印象です。

上から見下ろせるパノラマモニターで運転初心者にもおすすめなので若い女性がターゲットの様です。

ディーラーさん曰く、チャイルドシートを使用するような小さいお子さんの場合は、少し手狭かもしれないですが、少し大きくなってきた小学生、中学生のお子さんがいるお母さんにはおすすめとのことでした。

確かに天井も低く、少し狭いのでチャイルドシートを乗せると圧迫感があり、赤ちゃんの乗せおろしは大変かもしれません。

とは言え、見た目が可愛いので使い勝手よりも可愛さを重視されるお母さんも多いようです。見た目を取るか実用性を取るか、悩むくらい可愛いムーヴキャンバスでした。

ダイハツ「ムーヴキャンバス」を運転した口コミ・評判はこちら

中古車販売のガリバーは、全国の新古車・未使用車を多数取り扱っています。
↓↓↓

スライドドア軽自動車の試乗レポート

その他にも色々試乗に行っているので興味のある方はぜひ見てみてくださいね。

-試乗体験レポート

Copyright© 軽自動車スライドドア比較【マムCar】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.