スズキ(SUZUKI)「スペーシア」に試乗した口コミ評価レポート①

*

スズキ(SUZUKI)「スペーシア」に試乗した口コミ評価レポート①


2013年販売スタートしたばかりのスズキ・スペーシアの試乗に行ってきました。インターネットでスペーシアの試乗ができる店舗を探して、土曜日の当日試乗できるか電話して聞いてみました。すると、よっぽどのことがない限り試乗出来ますのでいつでも来てください。ということで予約なしですんなり試乗することができました。

スズキ・スペーシアの外観からチェック

スズキ・スペーシア

スズキ・スペーシア試乗体験②運転した感想はこちら

スペーシアカスタムも気になるところでしたが、近所では普通のスペーシアしかなかったので定番カラーオレンジのスペーシアに乗ってきましたよ。パッと見た印象はやはりパレットと似ていてちょっと私の好みではないかも・・・。

スズキ・スペーシアの正面 スズキ・スペーシア横

スズキの試乗者はリッター29.0kmという低燃費をアピールしてますね。やはりスペーシアは女性向の顔してますね。運転席から前のボンネットの部分が少し長めです。前の部分を短くすれば室内空間は広くなりますが、安全性を考えるとあまり短くない方がいいですよね。とディーラーさんが言ってました。

スズキ・スペーシア後ろ スズキ・スペーシアのロゴ

スペーシア後ろとロゴです。後ろは結構四角いデザインですね。今この画像を見るとスライドドアが後ろにはみ出しているように見えますがはみ出してるんでしょうか?軽自動車はどうしても車の全長が短いのでスライドドアの開口幅が小さくなってしまうのが残念なところですね。

スズキ・スペーシアの運転席周りをチェック

スズキ・スペーシア運転席

スペーシアの運転席です。エンジンのスイッチは右側にありました。ハンドルは高さ調節ができるそうですよ。足元が窮屈ならあげることができます。ちょっと便利ですよね。

DSCN6022 (750x563) DSCN6046 (750x563)

運転席を横から見るとこんな感じです。ダッシュボードの部分がかなり奥行きがあって、運転するにはちょっと見づらそうな印象でした。身長150cmの私が運転席に座ってみたところ、シートの座面が前後に長くて、普通に座ると背もたれにお尻、背中が届かない?というちょっと驚きの事態に。背もたれをもう少し前に倒したらそこまで運転に支障はありませんでしたが、初めての体験だったかもしれません。

スズキ・スペーシアのシフトレバー スズキ・スペーシアのメーター

ちょっと日差しが強くていい画像が取れなかったんですがシフトレバー周りとメーターの画像です。メーターはどれだけエコ運転できたのか採点されたり、どれだけの時間アイドリングストップしていたのかなど表示されるようになっていました。エンジンを切る直前に表示されるのであっという間に表示が消えちゃいましたが。私の運転は87点でした(笑)10分程度の試乗で、2分ほどアイドリングストップしていたようです。

スズキ・スペーシアのドアをチェック

スズキ・スペーシアのドア

助手席側のスライドドアはパワースライドドアでした。スペーシアのパワースライドドアはボタンを押すだけでスライドドアの開閉ができるのが画期的!両手がふさがっているときにボタンを押すだけでいいので便利です。しかも鍵の開錠もボタンでできるらしいのでわざわざ前のドアのボタンを押さずにスライドドアのボタンで開錠とスライドドアのオープンが可能。

でもボタンで鍵を閉めることはできないという・・・。鍵が閉まっていない時にボタンを押したらドアが開くのだから当たり前ですが・・・。

スペーシア前のドア スペーシアのスライドドア

驚いたのがスライドドアの厚みの薄さです。窓のあるあたりなんかものすごい薄さですよね。かなりの軽量化に成功しているようですが、安全性に少し不安を覚えたのは私だけでしょうか?

スズキ・スペーシアの後部座席・シートアレンジをチェック

スズキ・スペーシア後部座席

後部座席のシートはこんな感じでした。スペーシアは後部座席のシートが前後にスライドできるのがいいですよね。後部座席のシートを前にスライドさせれば荷室が広く使えるので便利です。シートアレンジも豊富なのでとても実用的に感じました。

標準のシートで、凹凸があるのでフラットなものより少し高級感があるかな?という感じです。

スズキ・スペーシアのシートアレンジ スズキ・スペーシアのシートアレンジ2

後部座席のシートの背もたれは、倒しても荷室との段差があるのでちょっと残念ですが、さらに前にシートごと移動させることができるので自転車を乗せたり大きな荷物を載せることができそうです。

DSCN6025 (750x563) DSCN6026 (750x563)

使うかどうか別にして、スペーシアはとっても収納が多いですね。シートを倒せばたくさんの荷物が乗せられそうです。

スペーシア スペーシア座席

運転席の座席を一番後ろに、後部座席を一番前にした状態です。右の画像は座ってみた足元の画像です。助手席は一番後ろまで下がっていないかもしれませんが少し圧迫感がありました。

スズキ・スペーシアのトランクルーム(荷室)をチェック

スペーシア荷室 スペーシア荷室

スペーシアの荷室は、後部座席をスライドできるので広く使うことができます。試しにベビーカーを乗せてみることにしました。

スペーシアのトランクにベビーカー スペーシアの中から後ろを見る

ベビーカーを後ろに立てて乗せてみました。すると中からはこんな感じでかなり後ろが見にくい状態になってしまいました。これだとちょっと運転するときに危ないので横におけないか試してみることにしました。

スペーシアベビーカー横置き

すると意外とすんなりとベビーカーが横におけました。左右もまだ少し余裕がある感じでしたよ。でも、もしも4人家族で旅行に行くとしたら荷物はいったいどこに乗せるの?という感じですよね。後部座席は前にめいいっぱいスライドさせているし長時間のドライブには結構窮屈かも?

スズキ・スペーシアのエンジン周り

スペーシアのエンジンルーム スペーシアのエネチャージ

スペーシアのエンジンルームは意外にスカスカでまだ余裕がありました。右の画像は助手席の下なんですが約10%の燃費改善効果が期待できるというエネチャージのリチウムイオンバッテリーだそうです。今までは捨てていたエネルギーを貯めておいて、エアコンなどの電気として使えるから燃費が向上するらしいですよ。

スズキ・スペーシアだけの装備

スペーシアのサンシェード スペーシアのサンシェードを収納

意外に便利そうな機能がルームサンシェードです。小さいお子さんが後ろに乗っているときに眩しいので我が家ではカーテンをつけてるんですがグイグイ引っ張ったり、いないないばぁしてみたり・・・。あんまり意味がなかったりすることが多いんですが、これならあまり手も届かなさそうだし良さそうです。右の画像はサンシェードを収納した状態です。ちなみにルームサンシェードはグレードによってついてくるものらしいです。

スズキ・スペーシア試乗体験②運転した感想はこちら

中古車販売のガリバーは、全国の新古車・未使用車を多数取り扱っています。
↓↓↓

スズキ(SUZUKI)「スペーシア」に試乗した口コミ評価レポート①関連ページ

ダイハツ「ムーヴキャンバス」に試乗運転した口コミ評価(写真)加速に不満あり
ダイハツ「ムーヴキャンバス」の試乗に行ってきたので運転した口コミ体験レビューを書きたいと思います。とにかくかわ […]
ダイハツ「ムーヴキャンバス」に試乗した口コミ評価(外観・内装の写真あり)
2016年9月発売のダイハツ「ムーヴキャンバス」の試乗に行ってきました。まずはツートンカラーで可愛い展示車をご […]
ダイハツ「ウェイク」G-SA(ターボ)に試乗した口コミ評価!運転編(画像あり)
ダイハツ・ウェイクのターボ車に試乗してきた乗り心地について書きたいと思います。私は今までターボ車を運転したこと […]
ダイハツ「ウェイク」G-SA(ターボ)に試乗した口コミ評価(外観・内装の写真あり)
2014年11月10日発売のダイハツ「ウェイク」の試乗に行ってきました。とりあえずこちらのページではウェイクの […]
日産「デイズルークス」に試乗した口コミ評価レポート②運転編
背が低い身長150cmの私が、日産デイズルークスに初めて運転した口コミ評価です。 日産デイズルークスの試乗体験 […]
日産「デイズルークス」に試乗した口コミ評価レポート①外観・内装編
2014年2月13日発売の日産「デイズルークス」の試乗に行ってきました。今回の試乗は、予約の電話をせずに飛び込 […]
新型タントカスタム2013フルモデルチェンジ後!展示車の画像たっぷり撮ってきました!
2013年10月3日から発売のダイハツ新型タントの展示車を見てきましたよ。残念ながら近くでは試乗できるところが […]
スズキ(SUZUKI)「スペーシア」に試乗した口コミ評価レポート②運転した感想
エンジン音がとっても静かでしっかり加速 スペーシアを初めて運転した感想は、エンジン音がとても静かで走り出しがス […]
ホンダ(HONDA)「N BOXカスタム」に試乗した口コミ評価レポート①
2013年売上No.1のスライドドア軽自動車のホンダ・N BOXの試乗をしに行ってきました。ホンダのディーラー […]
ホンダ(HONDA)「N BOXカスタム」に試乗した口コミ評価レポート②運転した感想
N BOX(エヌボックス)は、運転席が高くて視界良好 N BOXは運転席の座席が高いのでとっても視界良好でした […]